不動産投資で人生が熱くなる!/ 火の玉ガールのブログ

「不動産投資で人生が熱くなる!」 夢はどこに?それはあなたの心の中に。 未来はどこに?それはあなたの手の中に。

火の玉ガールの本、2016年11月1日~好評発売中! 日野たまき著「不動産投資で人生が熱くなる!」この本であなたの人生を激変させます!
http://amzn.to/2h3rrKq
(著書のご紹介はコチラ → http://fasrip.ldblog.jp/archives/49909250.html)

☆2016年11月5日(土)出版記念セミナー&パーティ大盛況のうちに終了しました。
 当日の様子はコチラ http://fasrip.ldblog.jp/archives/49944355.html ☆

☆火の玉ガールの本棚-DAILY ANDS-(全6回 2016.9~12月)
https://daily-ands.jp/series/57cf73b473f32139d97fa6c6

☆BIG tomorrow 2017年1月号に掲載されました。http://amzn.to/2f9RM94
(過去の掲載歴:ネットマネー2016年11月号)

☆グローバルオーナーズ2016年12月号に掲載されました。
http://global-owners.as-inc.info/digest/index.html#bottom
(ダイジェスト版はコチラ→http://global-owners.as-inc.info/pdf/2016_12.pdf)

☆マイナビ賃貸に掲載されました (←2017年3月 New!)
https://chintai.mynavi.jp/chintaikeiei/superooya/detail_42.html

-満室経営新聞プレミアムにて毎月収支公開中-
https://www.fudousantoushi-ec.com/products/detail.php?product_id=422

-ふどうさんぽスタッフやってます-
http://www.hito-inc.com/staff/90.html

熱すぎる不動産ブログ、『火の玉ガール』FBページでほぼ日刊更新中!
https://www.facebook.com/hinotamagirl

先日、作家の重松清さんの講演会を聴きに行きました。

重松さんは「普通」って何なんだ?「普通」「標準」というものは
各人によって異なるので、「正解」はない、ということをテーマにした
作品を多く世に送り出しています。


その中で、昭和30年代に流行った「標準世帯」という言葉が
紹介されました。

「標準世帯」の条件とは、
・夫婦と子ども2人(DINKS、または1人っ子は「標準」ではない)
・夫婦のうち、どちらか1人が生計をたてている。
 片方は専業主婦あるいはパート(共働きは「標準」ではない)
・子ども2人のうち、学校に通える年代の子どもは
 学生の身分でなければならない。(浪人生は「標準」ではない)
・家族全員健常者でなければならない(「障がい者」がいれば「標準」ではない)

会場には500名近い聴衆がいたのですが、重松さんが
「この条件に当てはまる人」と言って手を挙げたのは、1割もいませんでした・・・

ちなみに我が家も、1人っ子、共働き世帯のため、「標準世帯」ではありません。


そういえば、年金受給世帯のモデルケースも、
夫は40年間ずっと第2号被保険者(=つまり、サラリーマン)、
妻は40年間ずっと第3号被保険者(=つまり、夫に扶養される専業主婦)
を想定してるんですよね。

それが「標準」「普通」として設定されてるわけですが、実際にそのケースに
当てはまる世帯はほんの一握りです。


何か新しいことを始めようとするとき、決まって聞かれるこのセリフ。
『だって、普通はそんなことしないでしょう』とか、
『一般的にはあまり聞かないよね』とか、
それは、その発言者にとっての「普通」なのであって
始める人にとっての「正解」ではないのです。


では、周囲の意見を無視して自分の意見だけに固執して
突っ走ってうまくいくか、というとそうでもありません。
そこは、メンター(指導者)、ロールモデルとなる人を自分自身で見つけて、
誰の意見を受け入れるのか、を自分で決めないといけないですね。


私の基準は、「自分がやろうとしていることの先駆者であって、
かつ実績を出している人」です。

実績、とは成功に限らず、失敗の実績も、本人が話してくれるのであれば
とても勉強になります。
なぜうまくいかなかったのか、本人のやり方か、
時代や世の中のニーズと合ってないだけなのか、
時期をずらせばうまくいくのか、失敗の原因を自分なりに分析して、
別のやり方でやってみると、また違った結果が得られます。
まさに、トライ&エラーの繰り返しですね。


実際にやってみる前に、頭の中で何度もシミュレーションして、
成功イメージを高めることもとても有効だと思います。
「自分には絶対にできる」「自分ができなきゃ誰ができる(=誰もできない)」
と繰り返し暗示をかけて、自信満々で飛び込むと、
意外とすんなりできちゃったりすることって、よくあります。

自分自身振り返ってみると、
中国語:1年間の語学留学、社労士受験:ビデオ通学4ヶ月半、
AFP:通信教育半年、である程度身につけることができた一番の要因は、
この「暗示」だったと確信しています。


私は何かをやろうと思い立ったら、いつもこの5箇条を心に刻んで行動します。
1.  自分を信じる
2.  自信を持つ
3. 仲間を見つける
4. メンターに指示を仰ぐ
5. とにかく続ける


今、私が最もやりたいのは、ライフプラン&キャッシュフローを
もっと身近なものとして、誰もが簡単に使いこなせるようにしたい、
ということです。
(AFPの必須研修で、何十年分も数字がバ~ッと並んでいる、
目がチカチカするようなアレです)


人はなぜ不安になるのか?
それは分からないから、知らないから、情報がないから、だと思うのです。

お金の面から一生を俯瞰してみることができれば、
貯蓄、住居、教育、民間保険、健康保険、年金、税金、etc・・・と
様々な角度から検討することができ、一人ひとりの理解が高まれば、
国民年金保険料の納付率UP、医療費の削減、投票率のUP、
生活保護受給者や自殺者の減少などなど、社会が抱える様々な問題解決へ
つなげることも不可能ではないのでは、と思うのです。

社会を変えるなんて大それたことを考えなくても、
私たち1人1人の行動を変えることで、
やがては大きな波となって普及し、
その結果、今ある常識が覆る。

適切に情報を開示して、誰でも理解できるように、
分かりやすく使いやすいシステムを作る。
誰でも基本が理解できるベースを作って、
専門家としての知識を磨きながら、常に情報を更新し続ける。


・・・言うは易し、行うは難し。でも、やってみなければ可能性はゼロです。

未来を予測することは難しいけれど、偉大なる先人の言葉を想って
とにかく続けることを当面の目標とします。



「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創り出すこと」アラン・ケイ






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月1日付でAFP、社会保険労務士として開業登録しました。


社名は『FASRIP』。
「どういう意味??」と聞かれることが目に見えてますので(笑)、ネタばらし。
自分の名前(A.I)とファイナンシャルプランナー(FP)と社労士(SR)を単に組み合わせただけ・・・
単純に『ファスリップ』と読んで下さい


未熟者ですが、これから精進を重ねていきますので、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。


サラリーマン兼業ですので、平日の日中は基本的に本業に全力投球。
日本に来られる中国人観光客の旅行手配をアレンジしています
(今現在は訪日中国人激減してますが・・)。

平日朝は家事、夜はこどもとの時間で毎日の睡眠時間8時間・・・
て、いったいいつどうやってFP&社労士業をやるんだよ!?
って感じですが、スキマ時間は探せばいくらでも出てきます。

夫婦ともにフルタイム勤務、夫婦+未就学児1人の3人家族という環境でも、セミナーや勉強会に平均週2回参加、
読書は1ヶ月平均約15冊、プラス年1回の資格試験挑戦、は可能です。
可能ですが、ダンナ様の協力なしには絶対に成り立たないですね~

我が家ではお互いを「相手を怒らせる天才」と呼び合ってるくらいケンカが多いので、もっとコミュニケーション能力を向上させて関係をよくすれば、まだまだいろんなことができると思ってます。
デール・カーネギー著『人を動かす』を、実践していかないといけないですね


言い古されたことですが、「金は天下の回りもの」は真実だと思います。
個人の家計であれ、企業活動であれ、お金を使えば回りまわって自分のところに戻ってきます。
上手く使えば何倍にも膨らむし、そうでなければ減るかなくなる・・・使い方によって変わってくるでしょう。

どうせ同じ使うなら、増えて戻って来て欲しい。そう思うのは誰しも同じ。
継続的に増やし続けることができれば、個人の家計は潤うし、企業は発展しますね。
目の前の損得だけでなく、一生という長い視点で広く高く見てみると、いろんな気付きがあります。


私もまだまだ経験不足ですから、みなさまと一緒に勉強しながら実践していくつもりです。
時には失敗も重ねながら・・




新しいことを始めるって、とってもワクワクします。
明るい光がパーっと差し込んで、目の前にものすごーく広い空間がどこまでも広がるイメージ。

太陽のように明るく、いつまでも照らし続けることができるように、
「北風」ではなく「太陽」となって、問題を解決できるように、
陽が昇る朝を待つ人々に、毎日光を届けられるように。

そんな願いを込めて、イメージカラーは「オレンジ」にしました。

いつも心に太陽を。


がんばります。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ