不動産投資で人生が熱くなる!/ 火の玉ガールのブログ

「不動産投資で人生が熱くなる!」 夢はどこに?それはあなたの心の中に。 未来はどこに?それはあなたの手の中に。

☆2017年9月~健美家コラム配信中! https://www.kenbiya.com/column/hinotama/01/ ←New!

火の玉ガールの本、2016年11月~ごま書房新社より刊行されました。
日野たまき著「不動産投資で人生が熱くなる!」この本であなたの人生を激変させます!
http://amzn.to/2h3rrKq
(著書のご紹介はコチラ → http://fasrip.ldblog.jp/archives/49909250.html)

☆火の玉ガールの本棚-DAILY ANDS-(全6回 2016.9~12月)
https://daily-ands.jp/series/57cf73b473f32139d97fa6c6

☆BIG tomorrow 2017年1月号に掲載されました。http://amzn.to/2f9RM94
(過去の掲載歴:ネットマネー2016年11月号)

☆グローバルオーナーズ2016年12月号に掲載されました。
http://global-owners.as-inc.info/digest/index.html#bottom
(ダイジェスト版はコチラ→http://global-owners.as-inc.info/pdf/2016_12.pdf)

☆マイナビ賃貸に掲載されました(2017年3月)
https://chintai.mynavi.jp/chintaikeiei/superooya/detail_42.html

「教えてスーパー大家さん!賃貸経営のココが知りたい」(←2017年6月)
https://chintai.mynavi.jp/chintaikeiei/qa/detail_36.html


-満室経営新聞プレミアムにて毎月収支公開中-
https://www.fudousantoushi-ec.com/products/detail.php?product_id=422

-ふどうさんぽスタッフやってます-
http://www.hito-inc.com/staff/90.html

熱すぎる不動産ブログ、『火の玉ガール』FBページでほぼ日刊更新中!
https://www.facebook.com/hinotamagirl

夏休みが始まりました。

小5の息子くん、自ら計画を立てて宿題がんばってこなしてます。

↓ ↓ ↓

20170723_134135


”習題”というのは、彼の造語で「宿題」のこと。
こっちの字の方が「しゅくだい」って感じがするんだとか。

この予定の中に入ってる「強父論(きょうふろん)」とはこの本のこと。

通っている進学塾の国語のテストで問題文として提出されたことがあるんです。

 ↓   ↓   ↓



強父論


「今年の読書感想文どうする?」

と聞いたら迷うことなく、

「きょうふろん!」

と即答するので、ソッコーで買って夏休み初日に渡したのですが・・・



息子くん、活字読めないんですわ。。

読書ギライで国語がそこそこ得意って、活字中毒の私には理解できん



で、1日にして挫折したもんだから、代わりに私が読んでます

国語テスト見直しは一緒にやったので、
なんとなく筋は分かっており、
最初は仕方なしに・・・って感じで読み始めたのですが、


おもしろい!!!


です。

私の実父もちょっと阿川弘之さんばりに”恐父"的なところがあって、
昔のエピソードを思い出しながら楽しく読みきりました。


10歳ですでに活字苦手だったら、今さら読書好きになるのは無理かな~


※この後、彼の選んだ新たな課題図書は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』。
  今度は大丈夫だろうな・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※これは実話をもとにしたフィクションです。


彼女はとある新しい事業を始めようと、
専門家チームの力を借り、毎日初めてのことに
とまどいながら奮闘していました。

専門家チームの内訳は、以下の通り。

・もともと知り合いからの紹介がきっかけで
何度か仕事を発注したことがある、
その腕前をよく知る職人タイプ

・今回初めてタッグを組むが、信頼できる友人からの紹介で、仕事がはやく確実でセンスもよい。
ピンと閃くものがあり、発注を即断。

・今回の事業運営に欠かせない、核となる法人。
条件や仕事ぶりを判断するため、相見積、やり取りを数回させてもらったところで、
一社から多忙を理由にやんわりとお断りを告げられる(仮にA社)。
残るB社はネット経由で知り合い、悪くはないものの、どうしても決め手がなく、これまではっきり決めずにきたが、A社のこともあり、数日中にB社に決めようと考えていたところ。


ある日、そのB社の担当(仮にCさん)とは別の人
(仮にDさん)から突然メールが。

「残念ながらCさんはいろいろな事情により、
弊社を契約解除となりました。
今後は私が担当します。つきましては、
土曜日に契約を進めさせていただきたいので、
何時がご都合よろしいでしょうか?」


は?
今の今までCさんと土曜に会う話してたんですけど?
退職したとは一言も聞いてませんよ??

彼女の心中は穏やかではありません。


で、その後Cさんからも返事が。
「土曜日はオフィスが休みなので、近くのカフェでもいいでしょうか?」


うーん。。
2人とも超怪しい。


これまでいろいろ相談に乗ってもらったり、
アイデアを授けてもらったりしましたが、
今後継続的に安くない委託料を支払い、
事業運営をお任せするには信用できない。


と彼女は判断。


即、信頼できる知り合いのつてをたどって、
新しい運営業者を探すことに決めました。


もうすでに事業はスタートしており、
これからの変更は痛みを伴うものかもしれませんが、
致し方ありません。。


つづく。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先月のセミナーがご縁で知り合った
コッシーさんのコシガタリに参加させていただきました。

コシガタリ



私は今ではすっかりDIYやらない派、ですが、
簡単なクロス補修や水道のパッキン交換で
いちいち職人さん呼ぶのもなー、
でも何も知らないしなー、
と思ってためんどくさがりの自分にピッタリの
回でした。


スピーカーの中原工房・小水内さん、
主催の越水さん、ありがとうございました‼


で、今日の一番の収穫は

【室内の、撤去できない柱の革新的使い方】

のアイデアをいただけたことです。


ただ今絶賛解体中の文京区シェアハウス、
天井抜いてみたら、撤去できない構造柱が
意外と多く、
1階のある部屋などは、4畳半のど真ん中に
柱がどーんと立ってたり

邪魔だな~


いっそのこと1部屋減らして隣の部屋とくっ付けるか?
とまで考えていたのですが、
今の造りを生かして、超個性的な、
逆に賃料上がっちゃうんじゃない?
的な、素晴らしいアイデアをたくさんいただきました。


こうなると、次から次へとプランが浮かび、
いてもたってもいられず、
その場で即建築士さんに電話しちゃいました。


ピンチはチャンス、を地で行く今回のアイデア。
今後の展開が超~~楽しみです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ