今日から新しいブログシリーズ、スタートです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

タイトルは、分かりやすく「家計削減の方法」とかにしようかと
思ったんですが、あまりにもギスギスした雰囲気が漂ってるので、
勝手に和製造語、その名も「ライフコストダウン」。

要するに、「生活コストを下げる」ということなんですが、
単なる「節約」ではありません。

ここでの目的は、普段のライフコストから”自分にとって”
(←ここ重要)ムダと思われるコストを削って、
自分にとって有意義な使い道に回し、
生活の、ひいては人生の満足度を上げる、
というものです。

これから紹介しようと思っている、数々の節約テク(?)は、
あくまで私の価値観に基づいて実践しているものなので、
人によって優先順位が違う以上、どうしてもできる・できない、
やりたい・やりたくない、は出てくると思います。

「コレ使える!」と思うことは取り入れていただきたいですし、
「私の方がもっとやってる!」と思われることなどありましたら、
ぜひコメントに書き込んでいただければ幸いです。


それでは、スタート☆.。゚+.(・∀・)゚+.゚☆


本日のコストダウンのターゲットは、ずばり「レジャー」。


私はAFPの資格を取るずっと以前から、「お金」について
考えたりしゃべったりすることが大好きで、
今こうしてブログで好きなだけ「お金」について
書けることに、とても大きな喜びを感じます。
体全体からアドレナリンがババババッと放出されて、
幸せに浸れる瞬間・・・

実は、「お金」と同じくらい「旅行」が好きです。

でも、これまで自分が行く以外の「旅行」については
あまり口外することはありませんでした。

なぜなら、それが本業だから。

あまり仕事に関連する話を外でしたくない、ということもあり、
必要以上に話すことは控えていたのですが、
意外と知られていない、旅行業界の常識を
今回の目的である「ライフコストダウン」に絡めて
お話したいと思います。


国内旅行でも、海外旅行でも
自分でバラバラに手配するより、旅行会社が主催した
いわゆる「パッケージ商品」(ホテル+交通のセット)を
利用する方が安い、ってこと、よくありませんか?

それは本当です。

自分でホテルや交通手段を手配するより、
多少のこだわりを捨てれば、
かなり安くあげることも可能です。

旅行会社のパッケージで一番いいのは、
自分で探したり手配したりする時間を節約できることです。

相手はプロですから、一番効率のいい交通手段や
各地のコストパフォーマンスの高いホテル等を熟知しています。

パッケージ商品には当然旅行会社の手数料が含まれてますが、
たとえ手数料を払ったとしても、自分で手配するより
断然安く仕上げることのできるノウハウを、プロは持っているのです。

ただし、旅行会社によって仕入れの強い航空会社やホテルは
当然ありますので、航空会社やホテルに相当なこだわりがある人は、
条件を統一して、各社比較検討するのも
いいかと思います。
(ただし、その”自分の好み””こだわり”を捨てることも
 コストダウンのためには重要なポイントです)


旅行は目に見えない季節性の強いサービス商品であるがゆえ、
出発日によって同じ行き先でも料金が全然違います。

あまりこだわりがなく、とにかくコスト優先、という場合は
・オフシーズン(週末、連休、長期休暇などを避けた閑散期)
・ホテル、航空会社指定無し
を狙うだけでも、オンシーズンかつホテル・航空会社指定、の
場合に比べてかなり安くなります。

今年の10、11、12月はともに3連休がありますが、
3連休の初日もしくは1日前出発だとかなり高い(例えば5万円)が、
3連休の最終日出発もしくは、3連休の初日帰着、のように
連休にはかかるが日にちを前後にずらすことが可能であれば
他の平日出発なみに安くなる(例えば3万円)、ということは
よくあります。
旅行会社発行のパンフレットに載っている「出発日カレンダー」を
よく見てみて下さい。


例えば、私はプライベートで来月台湾旅行(5日間)に行くのですが、
・ホテル:エコノミークラス (指定なし=旅行会社おまかせ)
・飛行機:成田往路午前出発/復路午後出発 (指定なし。ただしLCCではない)
・初日・最終日の空港送迎付で、中3日間は完全フリー。
の条件で、家族3人(大人2人+ベッド利用なし未就学児1人)
合計の旅費は9万円弱でした。

ちなみに、中3日間完全フリーではなく、1日だけガイド付市内観光が
入っているコースの方が1人1000円ほど安いのですが、
今回は自由時間が多くほしかったので、観光無しのプランにしました。


(なぜ観光付の方が安くできるか、のカラクリは
 企業秘密に該当しますので、公開できませんが、よくある話です)


ここには、ホテル・飛行機代・燃油サーチャージ・空港使用税
(国内・海外とも)が含まれており、1人3万円以下は
いくらオフシーズンといっても相当安いと思います。
(同時期出発の、4泊5日ホテル付LCC航空券価格は、
 私が調べた時点で1人3.8万円が最安値でした)

帰国日が3連休の初日にあたるパターンですが、
年内最安日に設定されている日です。

「振替休日制度」が導入されているような会社であれば、
祝日に出社してその代わりに予め平日を休みに指定する、
など調整して連休を避ければ休みの日数は変わらないのに、
旅費は○万円も違う、という結果になるのです。


これは、ツアーを造成している旅行会社の立場に立って
考えてみると納得です。

連休の初日に帰国、連休の最終日に出発するような、
比較的日数の長い旅行は、やはり参加したいと思う人が
少ないのです。(=休みをとりにくい)

同様に、ゴールデンウィークの直前、年末年始の2週前、など
長期休暇に入る前の週というのは、どうしても客が集まりにくく、
飛行機もホテルも値段を下げてでも稼働率を上げたい、となり
結果旅行費用が安くなります。


ただ、「旅行」はそうそう出かけられるものでもないし、
たまのレジャーなんだから贅沢したい、という気持ちも
もちろん分かります。

私は、今回はたまたま海外ですが、1泊2日の国内温泉旅行、
なんかもよく行きます。
温泉は、料理がおいしくて露天風呂や、部屋のランクは
できるだけいいところを、と思ってますので、いつもエコノミー
クラスホテルばかりを利用するわけではありません(笑)

国内の場合もパッケージ商品をオフシーズンに
利用すれば、往復JR付きのフリープランで、
自分で手配すればどうがんばっても2万円以上はする
高級旅館に15000円!なんかも普通にあります。


暦通りにしか休めない事情がある方はしかたがないのですが、
比較的休みを自由に調整できる方は、「旅行はオフシーズン」
かつ「早めの計画」を習慣にすると、レジャー費をかなり抑える
ことができますよヾ(=^▽^=)ノ



banner