不動産投資で人生が熱くなる!/ 火の玉ガールのブログ

「不動産投資で人生が熱くなる!」 夢はどこに?それはあなたの心の中に。 未来はどこに?それはあなたの手の中に。

May 2015

誰も信じてくれないけれど、
投資において、私はリスク許容度の低い、超~小心者です。

基本的に、不動産なら500万円以下、個別株なら10万円以下、
がストレスなく運用できる限度額です。(低っっっ!!!)


私は不動産が大好きなのですが、
昨年後半あたりから、なかなか嗅覚にひっかかる物件がなく、
あっても食指が動かないため、最近はもっぱら金融商品が
投資対象となっております。


本日は、そんな小心者かつ初心者である私のお気に入り株を
ご紹介したいと思います。


パルコ(8251)

昨年10月に870円/株で1単元(100株)購入、
今年4月に1200円/株で売却。

権利確定月は2月、8月の年2回。

所有期間半年の間に、配当1回(900円)、
株主優待1回(映画券2枚、大丸買物優待券、パルコ5%オフクレジットカード申込書)
をゲット。

売買手数料を差し引いても10万円弱の投資額で、
半年で3万円以上連れて帰ってくれましたので、
これはよかったです。

優待月も年2回ありますし、株価の上げ下げもいい感じなので
また下がってきて1000円切るようなら再度購入したいです。。



ヒラキ(3059)

靴を中心とした激安ネットショップ。
子どもがいる人には必携の個別株。
ここは、株式投資やる前からのネット会員で、年に数回買物してます。

上履き380円、ランドセルカバー付レインコート580円、サッカーシューズ1500円、
(すべて税別)など、ここより安い店を見つけたことがありません。

ネックは商品単価が安すぎて、送料無料の5000円に届かないこと・・・

2年前に570円/株で1単元(100株)買って、そのまま売らずに保有。

ここの株価の値動きはかなり緩やかで、大きな株価変動がほとんどありません。
基本的にずっと右肩上がりで、上がり方も緩やか。
私はここのショップのヘビーユーザーなので、
優待券(2000円割引券・送料無料)目当てにずっと持ち続けるつもりです。

家族名義で分担して、あと1~2単元買ってもいいかも。




私の中では、以下の条件に当てはまっているパルコ(8052)は理想的です。

・最低購入単位が10万円以下 (※今は10万円超えてます)

・優待月が年2回 (ヒラキは年1回)

・配当&優待利回りで5%超

・PER平均(15倍)以下 (※今は15倍超えてます)

・チャートの形が右肩上がり

・(自分にとって)優待が使いやすい

・中長期に30%程度の株価上下が見込める



株は不動産よりも少額&手軽に始められるため、
不動産投資人口よりも多いと思います。

さまざまな”プロ”と呼ばれる方々が、いろんな
投資手法を公開されてますので、読んでみて、
ご自身に合った投資手法を試してみて、
楽しめればいいんじゃないかな、と思います。

私のバイブルは、不動産でもお世話になったコチラです。

 ↓ ↓ ↓



投資はくれぐれも自己責任で、余裕資金で行いましょう( ̄∇ ̄)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

やっとこ権利関係のCDを聴き終わり、(←ここまで約27時間!多い!!!)
いよいよ宅建業法に入って来ました。

宅建業法は、不動産を購入したことがある人なら必ず経験済の、
重要事項説明書、に書かれている内容が中心の講義です。


不動産投資家なら当然知ってないといけない、
マイホーム買う人も、ある程度知ってないと損するよ!
という内容満載です。


この中に、

『宅建業者が自ら売主となる場合の8つの制限』

という章がありまして、

ここは、新築(建売)や(再販業者の)リフォーム済中古物件、
マイソクの取引形態が「売主」になっている物件を購入予定の人は
必ず知っておくべき内容だと思います。


その中で、

「瑕疵担保責任に関する特約の制限」

という項目が登場します。


不動産投資家なら、

「売主業者の瑕疵に対する責任追及期間は引き渡しから2年以上」

というのは当然ご存じのことと思いますが、
たまに、業者が売主のくせに、マイソクに堂々と

「瑕疵担保免責」

と書いてあるの、見たことないですか?
(私はあります。それも何回も)

それを見たとき、

「業者売主で免責にできるわけないじゃん」

と思ってたんですが、
これって宅建業法を全く知らない買主だったら、
購入後瑕疵を発見して売主に訴えても

「瑕疵担保免責ですから」

って言われて、その後何もアクション取らなければ
泣き寝入り、になっちゃうんですかね?
(あまりにひどい瑕疵だったら、消費者センターとかに
 訴えて表沙汰になりますよね(*´Д`*) )


実際は、このような買主に不利になる特約は無効になり、
責任追及期間は、民法の規定通り

「買主が瑕疵を知ったときから1年間」

と規律されるそうです。


例えば、買主が物件の引き渡しを受けてから
3年後に瑕疵を発見したら、そこから1年間は
売主に責任を追及できる、という意味だそうです。


「引き渡しから2年間」

より厳しいじゃん (; ̄Д ̄)


宅建業法は、悪徳業者から弱い立場の消費者を守る、
という意図で作られているのですが、
守るべき立場の消費者自身がこの法律について
無知すぎると、責任追及できる権利があるってことも
知りませんから、すごく損ですよね。


法律は弱者を守らない、それを知るものを守る。

を地で行ってるな~



テキストも過去問もまだまだ残ってますので、
10月までコツコツがんばります。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

世間はGWですね。

私も連休中ですが、〇連休、というながーいお休みよりも、
平日ちょこまか休める方が好きなので、
4/29も明日も出社で、今日が実質GW最終日です。

黄金週、ということでいろいろなところへ
遊びに出かけられた方、たくさんいらっしゃると思いますが、
我が家の予定は、ダンナの実家帰省と息子のサッカー試合同行のみ。

あとは、家事やって食材のまとめ買いして終了。

地味~~~


あまりにも地味すぎるんで、昨日実家からの帰り途に
アスレチック公園とやらに寄って来ました。


噴水の中を駆け回ったり、人工山に登ったり、
ヤギにエサやったり、馬に乗ったり、
息子(8歳)が大喜びだったのでよかったです

 ↓ ↓ ↓

IMG_0013

IMG_0006

IMG_0015


IMG_0002


で、それだけ遊びほうけた後、
帰ってから夕飯作るなんて考えられません。

「乗換駅で降りて、なんか軽く食べて帰ろ~」

ということで、さしたる考えもなく、
こちらの甘太郎へ。


こちら、本業の方でも利用させていただいたことがあるのですが、
「太郎割」なんてサービス、初めて知りました・・・


なんでも、「甘太郎」という名前の人なら全品無料、(←そんな名前はさすがにいないでしょv( ̄∇ ̄)v)
「〇太郎」ならフードまたはドリンクが半額。


へ~~~


うちの息子、「リョウタロウ」なんで、使ってみました
証拠書類は、「こどもパスモ」でOK。使える、使える。やるな~、息子。


で、ここからが暗雲。


ワタクシ、アルコールは飲まないので
ノンアルコールの中から

『生絞りキウイスカッシュ』

なるものを注文したのですが、
届いた現物を見ると、どう見ても『生キウイ』入ってない・・・

しかも、『スカッシュ』って言ってんのに、
炭酸も全然入ってなくて、ただの薄緑色の甘味飲料、てな風情。

「うーん、これは絶対に違う!」

と思って店員さんを呼び、変えてもらった後に届いたのが
ばっちり生キウイは入っているものの、
一口飲んで強烈に感じるアルコールの味・・・

「ちょっと、これ”キウイサワー”
やんけーーーーー!!」



私は、単に自分の意思でアルコールを飲まないだけだからよいものの、
これがもし、運転手だったり、アルコールアレルギー体質だったら
どないすんねん!!!

とあまりの雑な接客ぶりに怒り心頭。

(40も過ぎると、若者の仕事態度へのチェックが厳しくなるのです・・・年ですかね)

またもや変えてもらわねば、と鼻息荒く店員さんを呼び出したわけですが、
そこでやってきたのが今までとは違う、別の男性店員さん。


事情を話すとすぐに交換の品を持って来てくれて、普通ならここで終わるはずでした。


ところが、そのあと注文品を持ってくるのがずーっとこの人。

そして、席の近くを通るたびに

「さっきのドリンク、大丈夫でしたか?」

とか

「お好み焼き届きました?」

とか、にっこにこの笑顔で話しかけてくるのです。


最初の注文不手際の際、ゆとり世代の若者店員との温度差に
憤懣やるかたなし、って感じだった私とダンナ、
最後はこの人の、”うるさ客(私らのこと)にもめげずに体当たりしていく”
笑顔攻撃にやられて笑ってしまいました。

極め付けは、会計のときにもやってきて、超~さわやかな笑顔で

「また来てくださいね~


最初は文句たらたらだった、うるさ客(←しつこいですが、私らのこと)を
そのまま遠巻きにして放っておくのではなく、(←そうなったら二度と来店しないこと確定)
あれこれと気を使って、最後までフォローすることの大切さを
ある1人の若者から学ばせてもらった一夜でした・・・


あ、ところでタイトルの

「決めたろう」ですが、
昔の甘太郎のCMの決めゼリフ、

「甘太郎で決めたろう」

から拝借させていただきました。

同年代の方なら学生時代などに一度は目にしたであろう、
このCM。

見た方の大半は

「甘太郎じゃ決められないだろう・・・」(※設定は合コン場面)

と思ったハズ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ご本人も語ってらっしゃいますが、
反響の大きかった、ニトリ創業者・似鳥昭雄さんの
『私の履歴書』(日経新聞)が4/30で終了しました。

1ヶ月間、毎日朝刊が届くのが楽しみでした。


波瀾万丈&破天荒な子供時代、学生時代の
おもしろエピソードに、1日1回は笑わせていただきました。
ニトリさん、ありがとう!

この『私の履歴書』、毎回楽しく読んでますが、
過去、私の中で輝ける第1位は、水木しげるさん。

2番目が今回の似鳥さんで、3番目が瀬島龍三さん
(←山崎豊子著「不毛地帯」のモデルとなった方)、
その次が王貞治さん、第5位が萩本欽一さん。

このシリーズはファンが多いと思いますので、
皆さんそれぞれお気に入りの『履歴書』があるんじゃないでしょうか。


おもしろ履歴の持ち主の場合、
この欄を読むだけでも購読の価値アリ、です。

昨日から始まった『日立社長』川村隆さんも
おもしろそうです。


現役復帰を後押ししたとされる、
99年7月の全日空機ハイジャック事件で
非番のパイロット、山内純二さんが窮地を救った場面に
偶然乗り合わせ、その勇気に倣って、沈みかけた
巨艦日立の社長を引き受けることにした話、などは
今後の展開を期待させる、心に残るエピソードだな、と思います。



1ヶ月約4500円、と他の一般紙に比べると割高で、
白黒一色なので、他紙から乗り換える際は多少の
読みづらさを感じるかもしれませんが、
一度購読し始めるとやめられません。


とある投資大先輩のお言葉を借りるなら、

「投資情報は日経新聞だけで十分。
成果を出せるかどうかは読み方次第」



ということだそうです。



たしかに。


ワタクシ、既に購読歴10数年ですが、
どんだけ成果を出せてるかギモンですσ(^_^;)

まだまだ精進せにゃ〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私はかーなーり、子育て&子どもの教育に対して熱心です。

なぜか?

それには理由があります。

今日は、私のとんでもないギャングキッズぶりを
恥をしのんで公開します。


私は、(今でも、ですが)生まれたときから反抗期で

「親の言うことにはとりあえず逆らう」

という主義でした。


・郊外のショッピングモールに買物に行って親とケンカし、
 親に黙ってその場を抜け出し、歩いて帰宅。
 (家から10数キロ離れた場所から小学生の分際で脱走!
  その後、親は迷子放送など含め散々探し回ったらしいです。←当たり前)


・中学時代まで割と成績の良かった私。進学した高校で特別進学クラスなるものの
 存在を知り、親に「そのクラス入ったら?」と言われた私は、当然のごとく
 「そんなとこ入らない」と反発し、普通クラスへ。 
 また、「このクラブだけはやめとけ」と言われた、超キツイ、休みが年2~3日しかない
 とあるスポーツ部に入部。理由は単に親に「やめろ」と言われたから。


などなど、反抗エピソードには枚挙にいとまがありません。


今思えば、大馬鹿者です。


このような残念な子ども時代の経験を、とても苦く思っておりますので、

「親が子どもの性格を見極める」

は大変重要だと思っているのです。


子どもが親に言うことは果たして本心か?

子ども自身が本当にやりたいことはなんなのか?

子ども自身がやりたいことを分かってない場合、親はどのようにすすめるのがよいのか?


などなど。


子どもの性格、親の性格、子どもと親の相性、
などなど、各家庭により、さまざまですので、
これが正解、というのはないと思います。

失敗もあり、試行錯誤の日々だけど、なんとかがんばろう。


さて。

子どものころから身につけさせたい習慣の一つに、
「読書」があるんですが、それにはこちらの書籍が大変参考になります。

↓ ↓ ↓

 

この本にも登場しますが、
息子は、

「かいけつゾロリ」シリーズ
 

「キャベたまたんてい」シリーズ
 

と来て、今は

「かいぞくポケット」シリーズ
 

に夢中です。

もちろん、「これ読んだら?」なんてすすめたりしません。

基本は、「子どもが自分が読みたい本を自分で選ぶ」。



今や自分で図書館で十数冊借りてきて、
1日1冊ペースで毎日読んで、その面白さについて語ってくれます。


本っておもしろいよね。わかるよ、その気持ち


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ