スティーブン・R・コヴィの大ベストセラー「7つの習慣」、
読んだことのある方、とても多いと思います。

私も大変遅ればせながら、最近やっと手に取りました。
今読んでいるのは、コヴィが推奨する7つの習慣の中の
第三の習慣「重要事項を優先する」ことに焦点をあてた
『7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則』です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4906638112

本の中で、誰もが持っている『4つの独特な能力』が紹介されています。

4つの能力とは、自覚、良心、自由意志、想像力
のことですが、約束を守ることが自由意志を育てる、と説かれています。

約束を守るたびに、信頼口座に信用と貯金ができる、
というのです。
(信頼口座とは、他人が自分にどれくらい信頼を置いているのか、
という自分自身への信頼度を銀行の預金口座に例えたものです)

約束とは、人との約束はもちろんですが、
自分で立てた誓いを破らないことも含まれます。

現状を十分わきまえたうえで宣言をし、
いったん口に出したことはどんなことがあろうと
実行すること、と書かれています。



これを読んで私が思ったこと。

うちの息子は現在6歳で、来年4月に小学校にあがります。

彼はとても自分の発言にコミットする傾向があり、
一度口にしたことは必ず実行する、
親である私ですら「いったいどうしてそこまで?」
とたじろぐほど、強い一貫性を持っています。

例えば。

彼の今のコミットメントは「1日1回勉強」です。

ベ○ッセの「こ○もチャ○ンジ」のキャラクターにハマっており、
登場人物たちがめざまし時計やら、機械式かきとり練習帳やらで、
「1にち1かい、いっしょにがんばろう!」とか
「もうねるじかんだよ!」とか
「おはよう、あさだよ!きょうもいちにちがんばろう!」とか
あの手この手で励ましてくれるおかげで、
親の私が眠くて今日は休みたい、と思っているときでも
「おかあさん、きょうのべんきょうやるよ!」と言って
はりきって勉強道具を揃えています。

こどものコミットメント性を高めるのに
うまくできてるなー、と思う小道具に
1日に1回しか押せないボタンの付いた宝箱があります。
そのボタンを5日かけて5回押せば、宝箱のフタが開いて、
中に入っているお宝(=シール)を取り出せるしくみに
なっています。

そのシールを、おべんきょうノートの表紙に貼っていき、
5枚貼れば完成です。

なにしろ1日サボるとその日はボタンを押せず、
昨日の分を今日押す、ということができなくなっているので、
1日も早く宝箱を開けたいがために、サボることなく
毎日続けているのです。

ホントにダメ親なんですけど、たまに
「今日はもう遅いし、今日の分を明日やって
ボタンだけ今日押しちゃえばいいじゃん」と
私は心の中で思ったりすることもあるんですが、
そんなことを口に出そうものなら、子どもに
心から軽蔑されることが目に見えていますので、
なんと思おうが絶対に口には出しません。

本当に子どもの心をよくつかんでいると思うキャラクターの
1つに、「さあ、いっしょにダラダラしようぜ~」
と誘いをかける「ダラリまおう」がいます。

私が息子に「ダラリまおうがダラダラしようって言ってるよ。
ダラダラしちゃえば?」と冗談交じりに言うと、真剣な顔で
「ぼくはダラダラしないよ(`□´)キリッ! 
 おかあさんもダラダラしないで」とたしなめられます。。


こうして、まんまとベ○ッセの戦略に乗せられてるな~、と
思いつつも、このような習慣が小さいころから身に付いていく、
というのはいいことだと思っています。


『7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則』では、
「農場(=自然)の法則」と、相反する「社会のシステム」という言葉も
登場します。
性格、誠実さ、勇気、目的意識のような、
長い時間をかけて培われる自己啓発は、一夜漬けでは決して得られない、
長い目でみれば「農場の法則」が人生のすべてを支配する、と
書かれています。


息子は他にも、
・おふろで九九表を毎日1の段から順番に覚える
・「かえってからのおやくそく」を自ら書いて壁に貼り、
 手洗い・うがい、洗い物を洗濯かごへ、翌日の着替えを準備する、
 等々、すすんでやる。
・家事の分担(新聞を取って来る、夜洗濯ものを取りこむ、
 は彼の仕事)
・寝る時間は22時、起きる時間は7時。
・iPadで遊ぶのは週末のみ。

などの約束事を徹底して守っています。

「約束はやぶっちゃいけない」、「自分で決めたことを守るのは
他人との約束を守ることと同じくらい大事」ということが
とても大切であることはみな分かっているはずですが、
大人でもなかなかできないことが多いものです。

私も「毎日4時半に起きて、朝の2時間自分の時間を確保して
自己研さんに努める」と決めて、リマインダーにもカレンダーにも
ばっちり書き、通知まで設定しているのに、寒さに負けて
起きられないことしばしばです。。


息子の方がよっぽど人間としての格が上だ!
と、日々反省しつつ、今日も将来あるべき姿を夢想(妄想?)して、
自分の限りある資源である時間を有効に使い、
自分にとっての重要事項を優先していきたいと思います。