人間には、「男」と「女」という種類の他に、
「S(サド)」か、「M(マゾ)」かと という分類があります。

私の独自理論ですが、
これまでの経験上、SはMと、MはSとより仲良くなる傾向があります。

不動産取引においては、
M同士の場合はまだしも(自分がSなもので、想像できません^^;)、
S同士はなかなかうまくいかないんじゃないかなー、
と、ずーっと思ってました。

が、これは私のように鬼の指値を繰り返す攻撃型の取引に限られ、
首都圏一棟アパートのような、「血みどろの闘い」を「秒速」で勝ち抜いて
満額でかっさらっていく取引額の大きい売買では、そうともいえない、
と先日ある交流会でお会いした「ドS」氏の話を聞いて思いました。


なぜなら、レッドオーシャンを生き抜く不動産投資家の方々は、
私のように、ちんたら「バカ・アービトラージ」を狙って、
Mの特性を突いて追い込む、のような手法を取っていては
確実に物件が売れてなくなってしまうわけで、じっくり交渉している暇などないからです。



私は仕事でも趣味でも家庭でもブルーオーシャンを
マイペースで漂うことを至上の喜びとしています。

なので、「皆が欲しがる物件」ではなく、
「自分だけに価値がある物件」に目を付けて、
原石を磨きあげることに喜びを感じるタイプの人にとっては、
自分と反対の特性(自分がSなら相手はM、自分がMなら相手はS) の
相手を狙って交渉することはとても重要です。

交渉のやり方はいろいろありますが、
私が毎回やるのはこれです ↓。

物件の資料請求をした後、その物件に興味を持ち、
現地調査に行くことに決めたとき、
まずマイソクに書かれている担当者名をチェックします。

※私は物件を購入する際は必ず「元付業者(=専任媒介)」に
 連絡します。客付業者様は売主情報を間接的にしか掴んで
 おらず、交渉に時間がかかるため、効果が薄れます。

私の狙う500万以下のような米粒物件は、
実需向け物件を多く取り扱う大手業者様
(三○の○ハウスとか、大○○楽不○産とか・・・)が
専任になっていることが多く、
多くの大手業者様では個別担当のプロフィールを
顔写真付で自社ホームページ上に公開しています。

また、S○○m○のようなポータルサイトでは、
その店舗の「売却事例一覧」も掲載されており、
その物件の担当者名まで見ることができます。
(はっきりした金額ではなく、○○○万円台、
といった記載になりますが、その担当者がやり手かどうか、
は登場する回数を見れば一目瞭然です)

このプロフィールやコメントを事前に読み込み、
(年齢は?、入社何年目か?、趣味は?など)、
相手がどのようなタイプの人間か、を想像します。
そして、相手に直接コンタクトを取る際、
現地調査当日現場まで車で送ってもらう際、などに
自分のことや物件の話よりも、もっぱら相手に話題の焦点を
合わせ、相手の喜ぶ(であろう)話題をふり続けます。

※私が通ったスクールでは投資物件の現地調査に
行くときは、業者の車に乗ると相手ペースに乗せられて
しまうため、1人で行くのが鉄則、と教わりました。
が、私は極度の方向オンチで1人で現地にたどり着けません。。
そこで、方針を転換し、業者の車で送って行ってもらう途中に、
相手の情報をできるだけ聞き出す、という方法を取ることにしました。


相手のガードがすっかりゆるんだところで、
いざ物件に到着してから初めて物件の話をするのです。 

思う存分自分のことを話しまくったあとの担当の方の
口がなめらかなことといったら(笑)

これは、相手のM度が高ければ高いほど効果があります。

若いかベテランか、業界の経験が長いか短いかは
あまり関係がないようです(私のこれまでの経験上)。


初めて会った人に心を開いてもらうコツ、

・相手がSか、Mかを見極めること

・自分と同じタイプだったら、自分が逆のタイプっぽくふるまうこと
 (自分は本当はSなのに、相手がSだったため、自分がMっぽくふるまう)

・自分と逆のタイプだったらしめたもの。
 自分は聞き役に徹して、相手がこちらの聞きたいことにふれてくるまで
 ひたすら相手にしゃべらせる。

これは意外と効果があります。

会う前に相手の情報を入手できる機会があれば(著書、自社HPなど)、
出来る限り目を通して頭に叩き込んでおくことです。


SかMかだなんて考えたこともない、と思ったそこのあなた、
今度初対面の人に会ったらやってみて下さい。


きっと、目からウロコが落ちまくることでしょう。
うふふのふ。