最近読み終わった2冊の本に、
まったく同じ小学6年生の男の子の作文が紹介されていました。





僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校と全国大会に出て、活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには、練習が必要です。 
僕は3才の時から練習を始めています。
3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、
365日中、360日は激しい練習をやっています。
だから、1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。

そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そして、その球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。
ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。僕が自信のあるのは、投手か打撃です。  
去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、
打撃では、県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。
そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。このように、自分でも納得のいく成績でした。
そして、僕たちは、1年間負け知らずで野球ができました。
だから、この調子でこれからも頑張ります。 

そして、僕が一流の選手なって試合に出られるようになったら、
お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく、一番大きな夢は、プロ野球の選手になることです。




イチロー選手が小学校6年生のときに書いた「僕の夢」という、作文。

起業・経営・ビジネスにも通じるヒントが満載、
ということで今では様々なメディアでも紹介され、とても有名になりました。


心に響く小さな5つの物語 (小さな人生論シリーズ) 」は
ご縁あっていただいたご本だったので、
息子にも読んで聞かせました。

小2にはまだちょっと難しいかな・・・(´・ω・`)


中学受験という選択 (日経プレミアシリーズ) 」は、
おおたとしまささんのシリーズなんですが、
他にも

進学塾という選択 (日経プレミアシリーズ)

男子校という選択 (日経プレミアシリーズ)

など、読ませていただきました。


私(とダンナ)は中学受験推進派です。

かなり前から中学受験(と大学受験)は
させたい、と考えてましたので、
そのための資産作り、が主目的で投資活動に励んでいるといっても
過言ではありません。

子どもの資質は
「生まれ1割、育ち9割」くらいの割合で、
圧倒的に外部環境によって変わると思ってます。


うちの息子はただいま小2。
学童がなくなる小4から塾に行き始めることを想定しますと、
小3くらいから、通える範囲で息子に合った
塾探しを本格的に始めないといけません。

小1秋から平日毎日1時間嬉々としてそろばん塾に通い、
夏休みの宿題も、毎月のベ○ッセ・チャ○ンジも当たり前のように
こつこつ続ける姿を見るに、おそらく息子は知識を得ることを楽しい、
と考えているようです。少なくとも、苦痛ではなさそうです。


おかーさんもしっかり稼がないとね (=゚ω゚)人(゚ω゚=)!





↓ こちらもポチッとヾ(´ω`=´ω`)ノ