ここは日本なので、いくら東京といえども日本人率が圧倒的に高いですが、
私の所属する会社では日本人率2%くらいです。

加えて、私の専門業務である、

「中国人のインバウンド旅行手配業務」

というのは、旅行業の中でも取り扱い可能な旅行会社が限られ、
且つ業務を担当している
ほとんどが中国人、という特殊な環境であります。
(中国語&対中国人交渉力必須なので、対応できる日本人は希少)

ということで、私の立場はいわゆる

「ブルーオーシャン」

なんであります。


つまり、競争相手がほぼ皆無。

・日本語で報告書類を作成する

・日本語でスピーチする

・日本の取引先と電話で交渉する

などなど、日本人のサラリーマンであればおそらく誰でも普通にこなせることを
できること、が、ここでは大変貴重であるため、
日本語の書類チェックや報告書作成の仕事がよく回って来ますf^_^;


なので、これらが得意な日本人はウチの会社に来たら
大変重宝がられる可能性大です。

中国語ができて、中国人顧客を持っている現地旅行社との
コネクションがある日本人(でなくても、日本語の話せる中国人も)
大歓迎です!!

※※※ちなみに、現在マジで我が中国チーム、人募集中です※※※




このように、それが「強み」かどうかは
その人の置かれている「環境」「考え方」に、大きく左右されます。


私の「強み」(=得意なこと)は何だろう?

・比較的、文章を書くことが得意&はやい(ネタに困らない)

・話すこと(大勢の前でのスピーチよりも、10人くらいまでの少人数に語りかける方が得意)

・交渉 (依頼事、価格交渉など全般)

・複数の物事を同時に考え、進行すること

・本の速読み (速読レベルではない)

・料理


などなど。



逆に、苦手なことといえば、

・我慢

・辛抱

・忍耐

・待機


などなど。(ってか、これって全部同じ意味じゃん!?要するにせっかちってことですε=ε=(;´Д`))

ワタクシのダンナ様は介護福祉関係の仕事をしておりますが、
私には絶対にできない、と断言されております。。



DIYも得意じゃないけど、それができる人を探したり、お願いしたりすることは
比較的得意なので、自分が上手くなろうとは決して思わず、

「得意な人にお願いすればいいや~」

とお気楽に考え、山あり谷ありながらも、所有物件の美装も完了しました。


苦手な人がやったら

アイデアも思い浮かばず、

やっても上手くいかず、

時間ばっかりかかってストレスが溜まる、

ということになりがちですが、


得意な人がやれば

どんどん新しいアイデアが浮かんで、

やったら当然のようにはやく、

仕上がりも美しい、

という、その過程、出来は月とスッポンです。



限りある資源と時間を有効活用するためには、

自分の苦手分野を克服することよりも、

自分の得意分野を伸ばす
得意な人を見つけて仲良くなる

ということに焦点を当てたほうが、ずっと良い結果を生むんではないでしょうか。


そうは言っても、人にお願いするにも自分にも最低限の知識は必要ですから、
「深く、せまく」 よりも 「広く、浅く」 ね!

そして、それなりの御礼・対価を忘れずに。



↓ こちらもポチッとヾ(´ω`=´ω`)ノ