先日の台風6号。

本業で、当日帰国便が飛ばなくなって
ホテルやバスの手配に奔走したり、
ガイドの延長を頼み込んだり、
いろいろあって疲れ果てた1日でした・・・

それでなくても超絶忙しくて、
本業自分史上最高売上毎月更新のありさま。
(目標数値101%達成を目指している私には、まったくありがたくありません)


台風一過でほっとしていたところへ、
昨日見知らぬ番号から1本の電話が。

もしかしたら、客付業者さんかもしれませんから、
知らない番号であっても必ず出ます。


私 「もしもーし」

見知らぬ業者A 「〇〇さまのお電話でしょうか?私、津田沼の△△と申しますが」

私 「あ、いつもお世話になっております。(千葉のアパート客付をお願いしている業者様の一つ)」

A 「〇〇さま所有のF市□□のアパート、この前の台風で屋根が飛んだらしくて(!!!)、
   町内会のN様より、ご連絡がいただきたい、と当社に連絡がありまして」

私 「えーーーーーーー!!屋根が飛んだってどういうことでしょうか?」

A 「うーん・・・”屋根が飛んだ”としかおっしゃってませんでしたので、
   それ以上はなんとも。。N様の連絡先をお伝えしますので、ご連絡いただけますか?」




なんじゃ、そりゃ~~~~


というわけで、月に数百本単位でツアー抱えていて頭がパンクしそうなのに、
更にめんどくさい事態に巻き込まれそうな予感満載の中、
町内会長様にお電話することになったのでした。


長くなりそうなので、続きはまた次回