先ごろ、知らない番号から着信アリ。

とりあえず出てみると、
若い男性の声で、とある大家直接募集サイトを見ての
現空物件への問い合わせでした。


ワタクシ、いくつかの大家直接募集サイトを
利用しているんですが、正直なところ、
サイトを通じてコンタクトをいただく方で、
まともな方に出会えたためしがありません。


・内見がしたいというので待ち合わせをしたら来なかった(過去2回)

・短期(3ヶ月以内)でも借りられるか、というので
 いくつか厳しめの条件を出してみたら、厳しいポイントではなく、
 全く思いもよらない方面の条件が折り合わず、お流れに。

・実際に契約(宅建業者経由)して住んでもらったら初月から滞納


etc・・・

たまたま自分がそうなだけで、
世の中悪い人ばかりじゃないし、
多いに活用できる部分もあると思うのですけれど、

「はずれが多いな」

という感想は否めません。


で、今回お問い合わせいただいた方、
事務所利用がご希望、ということだったのですが、
いろいろ聞いていくうちに、
「又貸ししてもいいか」、という話になり、
「もしかして、Airbnbのことですか?」
と聞くと、すんごい勢いで食いついて来ました。。

「そうそう、それです!」


・・・うーーーーーーーーん。賃貸で借りた部屋でAirbnbって考え、ありなのか?


私は自分が旅行業にかかわっていることもあり、
旅館業法やその他の旅行業法には多少は通じてますので、
現状では、すぐにこの手法を取り入れるつもりはありません。

ましてや、自分の物件で入居者さんがそれをやる、
というのは大家の立場としては「いいですよ」とは言えませんので、
さらっと旅館業法の話にも触れつつ、やんわりとお断りさせていただいたのです。


すると、この方、そこでカチンと来ちゃったのか、

「でも、世間でやってる人いっぱいいますよね。
 どんな人がやってるんですか?」

「もし、僕が又貸しするって言わないで、黙ってやったとしたら
 (入居を)断らないですよね?
 もし、それが後から分かったら強制退去させるんですか?
 っていうか、できないですよね?」

「あなたはなんでこれ(=Airbnbのこと)やらないんですか?」

「Airbnbのこと、どう考えてますか?」


などなど、まるで

「これって何かの取材ですか?」

状態に。


ま、それからもなんやかんや話して電話を切らせていただいたわけですが、
まぁ、私から言えることは、


・自分の所有物件で
(または、大家がいいと言うなら貸主の許可を得た上で)

・法に抵触しない範囲で


好きにやって下さい、ということです。


違法・適法・グレーにかかわらず、Airbnb運営を日本で実際にやってらっしゃる方がいることも
分かってますし、そういう事例が多いことも知ってます。

今後規制緩和されるかもしれないし、されないかもしれないし、
お上の動きは分かりません。


やりたい人は、やればいいし、勉強のためにお話は興味深くうかがいます。


今後の法改正の動きに注目したいと思います。



・・・・・・しかし、結局、この人最後まで名前を名乗らず、
私のことも最後まで「あなた」って呼んでたなぁ。。。


世の中には本当にいろんな人がいるもんだ。