不動産大好きっ子のワタクシですが、
なかなか食指の動く物件に出会えないため、
ここ1年くらいはひたすら種銭作りに励んでおります。

一番楽しく、家族の理解を得やすいのが株式投資なのですが、
今年の1~2月の乱高下には本当に肝を冷やしました

株式投資を始めた2013年からずっと、
オリジナルのExcel表で取引履歴を記録しているのですが、
2016年は最初の2ヶ月で昨年1年の売買額を超えました

NISAの『今年から20歳以上は1人120万円迄』
の枠を2ヶ月間で2人分(私+配偶者名義)をすっかり使い切っちゃいました。

そして、そのほとんどを3月上旬の日経平均17000円ラインで売却。
日経平均15000円時に仕込んだ銘柄が多かったので、
それなりに利益は出せましたが、動かした額から利回り換算すると、
全く大したことない

現在の保有額は2015年初とほぼ同額の地味~な内容です。

私はこれまで信用取引には一切手を出さず、
口座開設すらしていませんでしたが、
今年のような先行き不透明な時期は、現物1本の方が高リスク、
とやっと気が付きました。

優待&配当狙いで取得した後、株価ダダ下がりで
望みもしないのに長期保有になってしまうと、
その間資金が凍結されて次の投資に向かえません。

数千円、数万円単位で損切りするんなら、優待狙いは
コストとリスクをよく吟味した上で、つなぎ売り(クロス取引)
をする方が資金効率がいいんじゃないの?
と判断しましたのでこれから1ヶ月間よく勉強して、
(もちろん、信用取引口座も開設して)
4月の権利付最終日から始めてみようと思います。


本当は、1ヶ月はやく気付いて、
年間で一番優待銘柄の多い3月に照準を合わせるべきだったんですが、
一部噂になっていた

『3月10日大暴落説』

を真に受けて、2月は手持ち株の整理に忙しく、
それどころではなかったのです・・・反省


信用取引に2種類(制度/一般)あるってことも知らなかったくらいなので、
始めて3年も経って今更感満載ですけど、
亀の歩みで勉強します