不動産投資で人生が熱くなる!/ 火の玉ガールのブログ

「不動産投資で人生が熱くなる!」 夢はどこに?それはあなたの心の中に。 未来はどこに?それはあなたの手の中に。

タグ:株式投資

不動産大好きっ子のワタクシですが、
なかなか食指の動く物件に出会えないため、
ここ1年くらいはひたすら種銭作りに励んでおります。

一番楽しく、家族の理解を得やすいのが株式投資なのですが、
今年の1~2月の乱高下には本当に肝を冷やしました

株式投資を始めた2013年からずっと、
オリジナルのExcel表で取引履歴を記録しているのですが、
2016年は最初の2ヶ月で昨年1年の売買額を超えました

NISAの『今年から20歳以上は1人120万円迄』
の枠を2ヶ月間で2人分(私+配偶者名義)をすっかり使い切っちゃいました。

そして、そのほとんどを3月上旬の日経平均17000円ラインで売却。
日経平均15000円時に仕込んだ銘柄が多かったので、
それなりに利益は出せましたが、動かした額から利回り換算すると、
全く大したことない

現在の保有額は2015年初とほぼ同額の地味~な内容です。

私はこれまで信用取引には一切手を出さず、
口座開設すらしていませんでしたが、
今年のような先行き不透明な時期は、現物1本の方が高リスク、
とやっと気が付きました。

優待&配当狙いで取得した後、株価ダダ下がりで
望みもしないのに長期保有になってしまうと、
その間資金が凍結されて次の投資に向かえません。

数千円、数万円単位で損切りするんなら、優待狙いは
コストとリスクをよく吟味した上で、つなぎ売り(クロス取引)
をする方が資金効率がいいんじゃないの?
と判断しましたのでこれから1ヶ月間よく勉強して、
(もちろん、信用取引口座も開設して)
4月の権利付最終日から始めてみようと思います。


本当は、1ヶ月はやく気付いて、
年間で一番優待銘柄の多い3月に照準を合わせるべきだったんですが、
一部噂になっていた

『3月10日大暴落説』

を真に受けて、2月は手持ち株の整理に忙しく、
それどころではなかったのです・・・反省


信用取引に2種類(制度/一般)あるってことも知らなかったくらいなので、
始めて3年も経って今更感満載ですけど、
亀の歩みで勉強します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近の投資活動はもっぱら日本個別株に資金を投入しているワタクシ。

先週は下がる下がるとは思いましたが、
下げの勢いが凄すぎて、落ちてくるナイフに刺し殺されるかと思いました・・・

まぁ、でも信用取引はやってないので、
保有株の含み損を被るだけで済んだことが幸い。

これまで、細々とではありますが、
売却株、保有株ともに全てプラスで推移していたのに、
ここに来て、初めて一時はマイナス2桁に突入し、
「あら~・・・」というしかない展開にちょっと引いて見てました。

25日の最安値付近でいくつか買い増しできた
長年のウォッチ株もあったのですけど、やっぱり勇気がなくて
事前に想定していたほど思い切った買いは入れられませんでした・・・

そして、ちょっと早く買いすぎたと後悔に陥った個別株たちの数々。

これから秋、年末にかけて少しずつ整理して、
年始の仕込み時期に備えたいと思います。


さて、今回の超絶下落相場で私が一番注目していたのは
インバウンド関連株。

特に、オリエンタルランド(4661)やドンキホーテHD(7532)、
マツキヨ(3088)なんかは、最低購入金額が50万円以上になり、
自分にとっては大きい投資額なので、暴落したら買い、
とウォッチリストに入れていた筆頭株でもあります。

仕事柄、訪日客の爆買いぶりが物凄いことは、
新聞やニュースになる前から知ってますから
成長株の筆頭としていつも注視しています。

で、今回特に注目したのはオリエンタルランドなのだけれど、
ここ6か月くらいゆるやかにずーっと下落していて、
チャートがなんだか嫌な形をしてたんです。

↓ ↓ ↓

OLC(4661)2015年8月28日1年チャート


それが、先週の動きときたら

「このまま倒産でもするのか!?」(←大げさ)

くらいの勢いで毎日毎日下げまくり、
8/25の底値はなんと5880円。

9000円超のときから見てるので、
7000円台のときでもかなり下がったと思っていたのに、
ついには5000円台って(しかも短期間)、怖すぎる。

どうやら今月の入園者数が昨年を下回ってるという発表が出るんじゃないかと
いう事前予測が大きな原因のようですが、(もちろん中国人が多数入園してますので、
中国経済の失速懸念も織り込まれてるはず)、それにしてもこの乱高下ぶりは
日経平均の凋落ぶりの比ではない。

↓ ↓ ↓  こんな感じ


OLC(4661)2015年8月時系列 20150830

ディズニーランドって自分的には堅い投資先だと思ってるので、
5000円台だったら勇気出して買うべきだと思ってるんですが、
現在すでに6000円台後半まで回復。

いや、でもまだ9/1に8月の入園者数発表されて、予想より上回ってりゃいいですが、
遥かに下回ってる数値だったら・・・って考えるとまだちょっと手を出すのはコワイです。



例年の数倍の勢いで入って来ていた春先のインバウンド、
現地の担当エージェントに聞きますと、5~6月にがんばりすぎて
仕入れが追いつかず、バスやホテルがまともに手配できなかったことで
クレームの大嵐。
返金や訴訟などで大変な目に遭ったそうで、
夏以降はそこまでがんばってやらない、と聞いてましたが、
8月下旬から9月上旬にかけてはこれまでの勢いがうそのような
落ち着きぶり。

熱風もそろそろ収束するのかな~なんて予感がしてます。

インバウンド関連株、いい加減上がり切ってれば売っちゃうところなんですが、
本業がらみゆえになかなか疑り深くて手が出せず、
売れるようなタマがありません。かといって今から買うならよっぽど安くないと、
ちょっとこれまでのような旨みは享受できないんじゃないかと・・・


ま、私見ですけどね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

うちの息子(8歳・小3)は、母(=私)の影響もあって、
お金のゲームが大好き。

先日も一緒にキャッシュフローゲームに参加させていただきまして、
彼の引きの強さのおかげでファーストトラックでの一発夢到達&上がりを
達成しました。

ありがとう、息子よ。



で、帰宅後寝る前の出来事。


ギリシャ&上海ショックもなんとなく落ち着いてきたところで、
来週の銘柄仕込みをせっせとやっていた私。

息子が近付いて来て、自分も参加させろとうるさいので、
とりあえず、2014年秋号の四季報を手渡し、
(※今年から四季報はCD-ROMに切り替えましたので、
  雑誌はコレが最新だったんですの・・・)


「経常利益が順調に増えていて、
 チャートがきれいに右肩上がりになっている銘柄のみ報告せよ」



と命じましたところ、嬉々として探してくれました


株価は半年以上前のものですから、当然そのまま検討するわけにはいかないので、
試しに彼の報告してくれる銘柄の現在株価を片っ端から調べてみますと・・・


なーんと、ほぼ全銘柄値上がりしてました。

中には200%超という、脅威の成績を上げているものも。


・業績がよく

・株価が上がっている



という、超カンタンな2点のみでも良さげな銘柄が見つかりますので、
現在のような”やさしい相場”では、子どもと一緒に楽しみながら、
金融・経済教育を学べる絶好の機会ではないでしょうか。


息子くん、この”銘柄探し遊び”がすっかり気に入ったらしく、

「明日もやろう!!!」

とやる気まんまん


せっかくですから『息子銘柄』とでも名付けてポートフォリオ作って、
年始の大型仕込み時期に備えて、ウォッチを続けてみようと思います。


めっさ楽しみ 






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先月末出席しましたオリックス(8591)の株主総会のお土産が届きました。

オリックス総会お土産 20150708


さすが


うちは野球よりもサッカー派ですが、
バッファローズエコバッグもフェイスタオルも、
息子のサッカーグッズとして活躍すること決定



実は、オリックスの株はすでに売っちゃったんですが、
業績いいし、配当も株主優待もありますので、
今の上海ショックのメドがたったら、また指値入れてみようと思ってます。

前回1500円台前半で買って2000円弱で売りましたので、
もう少し下がって来たら買おうかな。
(昨日の終値1722円)

前回買付してしばらく後に1300円台まで行きましたから、
もう少し様子見で。



先週末にイロイロ指値入れといたのが次々約定されて、
紙の資産の怖さを実感中。

私の指値は割とキツめなので、そんなに簡単に約定されちゃうと
ちょっとビビる。

まぁ、金額的にはそんなに大きくないので(全部現物買だし)
心配はしてないですが、落ちてくるナイフに刺し殺されないように、
注視していきたいと思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お子様がいらっしゃるご家庭では、
祖父母や親戚からいただいたお祝い金、お年玉などの
管理はどうされてますでしょうか?

我が家では、子どもが生まれた年(0歳時)に、
郵便局にて子ども名義の口座を開設し、物心つく前にいただいた
ご祝儀は、金額の多寡にかかわらず全額入金。
10万円になったら定額預金に移行。

といった感じでコツコツ貯めてました。

小学校に上がってからは、お小遣い帳をつけることを条件に
(※子供向けの「おこづかいゲーム会」などにも何度か参加)、
週1回100円のお小遣い制を始め、
お年玉やお祝いをいただくごとに、いくら貯金していくら
手元に残し、何を買うか、など子どもと相談して決めるようになりました。

小1の秋ころからは、私が株式投資を開始したのと同時に
子ども名義の証券口座も開設し、定額預金(この時点で40万円程度)を
解約し、月1万円でインデックスファンド積立開始と同時に、
通販やおもちゃ会社の株を買い始めました。


金額が限られているため、それほど大きい投資額ではありませんが、
子どもと一緒に四季報を見て銘柄を選び、
買った後は優待や配当を楽しみ、
買値から3割超上がったら売って、また別の株を選ぶ、
ということを繰り返した結果、先日子ども資産を集計してみると
約80万円になってました。

小1から小3にあがる2年の間にも、ご祝儀はポツポツいただいてますので、
単純に倍になったわけではありません。

間にいただいた金額を合わせると、元金は69万円くらいです。
69万円→80万円だと約15%増なので、全然大したことないんですけど、
その間に優待で金券類もたくさんもらって買物もできたし、
子どもにとってはお金の勉強にもなるし、
ただ郵便口座に入れっぱなしだったら増えたとしても雀の涙だろうから、
まぁよかったかなと思います。

来年4月からはジュニア版子どもNISAが始まります。
そのころまでには年間投資上限額である80万円は
貯めときたかったので、なんとか間に合ってよかったです。


子どもの証券口座を開いているのは、この2つ。

松井証券

SBI証券


松井証券は10万円以下の売買手数料が無料なので、
それが目当てで2つ開設したんですけど、
未成年口座って、大体いつも手数料キャッシュバックキャンペーンやってるんですよね・・・

(期間限定となっていても、大体延長される)

1つでよかったかも。


利幅30%程度で売買するなら、買う・売るの度に数百円取られたんじゃ、
かなりコスト高ですからね。

これが無料なのはかなり大きいです。

なんたって、息子の小遣い、週100円ですから。
1回数百円の売買手数料なんて、もったいなくて使えません


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ